「ひきだし」第47回 孫たちと生活することでの「学び」について その4

今回のテーマは、孫たちと生活することでの「学び」について、4です。

 前回、子どもとは、元来、自己中心的で、失敗ばかりして、言うことを聞かないもの!で終わりました。

 これが、普通の子どもだそうです。別に育て方が悪くてそうなっているのでない。子どもには子どもなりの理由があってやっている。その理由を知ろうとしないで怒っている私。

 自己中心的とは、「自分を大切にする」ということです。

 子どもは、他人を大切にする前に、自分を大切にすることを学ばなければなりません。自分を大切にするということは、どういうことかを私自身が知っておくことが必要ですね。その行動が、子どもの場合、自己中心的に見えるのだとしたらなおさらです。

 「自己中心的に見える」その背景を私が十分に考えなければならない。自分自身の「窓口」を持っておくことが必要だと感じています。

 失敗も、それによって学ぶ機会を得ているという意味では、悪いことではありません。言うことを聞かないということも自我が芽生え、自己主張が出来ていることです。そのように受け止めることが出来る『余裕』、直ぐに反応しないという『姿勢』が私に必要だと感じ始めています。

 孫たちの心が順調に成長しているという証拠なのだと思うことが大事だと学んでいます。 中通校(Esumo)公式ページはコチラまで https://esumo.jp/

「ひきだし」第46回 孫たちと生活することでの「学び」について その3

今回のテーマは、孫たちと生活することでの「学び」について、3です。

 私は、叱るべきでないこと、叱ってもしかたがないこと、叱らなくてもいいことを区別して考えたことがあるか?と言われたら??? 叱っている! また、私にとっては困ったことだが、人に迷惑をかけるほどではないことを区別できているかも不安になってきています。

 年が違う孫たちに、同じように接していることに気づいて来ています(笑
 「なんで行ったことをしないの!」「さっさと洗濯物をたたもうよ!」「ご飯だから居間の片づけをしなさい」「早くご飯を食べなさい!」「ほら、またこぼしている!」「居間で走ったらケガをするよ。やめなさい!」
今、思い出してもいろんなことで怒っていることが分かります。叱りではないですね!

 これらは、困った行動ですが、ただちに命にかかわるような大問題ではありません。孫たち一人ひとりの性格でどうしようもないこともあります。イタズラは、心の成長に欠かせない部分もあるとのことですので、悪いことばかりではないのでしょう。そこまで悟れることが出来れば、孫たちにとって『いいじいちゃん』になるのでしょうね……

私の気づきです。
そんな中で、年が違う孫たちを見ていると、一番小さい孫の行動に年上の孫たちが引っ張られていることに気づきます。年上の子どもが年下の子どもの面倒を見るというのは、遊びの場面では関係ないのだと感じています。怒られて反応が一番遅いのが年下の孫になるわけです。かわいそうですよね 

 子どもとは、元来、自己中心的で、失敗ばかりして、言うことを聞かないもの!とあります。

中通校(Esumo)公式ページはコチラまで https://esumo.jp/

「ひきだし」第45回 孫たちと生活することでの「学び」について その2

今回のテーマは、孫たちと生活することでの「学び」について、2です。

 前回は、「まだわかる年齢になっていない」ということを書きました。
それで、自分自身が納得するようにと調べてみました。

1歳まで
 1歳ぐらいまでの子どもは、自分の気持ちはわかっても、他人の気持ちを知ることはできません。状況を把握することもできませんとありました。よって、この時期の子どもにルールを作って守らせようとしても無理だということです。この年代の子どもには、子どもが危ない目に合わないよう大人が環境を整えることが中心だそうです。
 
1歳~2歳まで
  この頃になると、親の言葉や指示をだいぶ理解できるようになるようです。けれど、それに従うことが出来ない。ここが厄介ですね。何かにつけて「イヤ」と言うようになり、自分の思いが通るまで泣き止みません。(子どもの心が成長してきた証だそうです)この時期に大切なのは、叱るというより、なぜいけないか、状況を言葉で説明することのようです。
 
2歳~
やってきました。うちの孫の年齢です。子どもは相手の言っていることを理解できるだけではなく、自分の意思をかなり上手に伝えられるようになるようです。でも、じいじの言うとおりにしたり、指示にきちんと従ったりすることは難しいとのこと。「ブー」と舌を鳴らしたり、私を見ないように自分の目を覆うようにしたりして離れていきますからね。ここが戦いな
のでしょうかね。先の見通しを持たせる(わかるように伝える)と、少しはガマンできるようになると書いていますが……

3歳~
この頃から、子どもはようやく、少しずつですがルールを守れるようになるようです。
ここで、じいじは
① 何が正しい行動で、何が悪い行動なのか
② どうしていけないのか
を、一緒に考えて、くり返し教えていくことが大切になると示してくれています。
  
もう半年は、環境を整えることに注意を向けて実行していかなければならないことを学びました。


ありがとうございました。

中通校(Esumo)公式ページはコチラまで https://esumo.jp/

「ひきだし」第44回 孫たちと生活することでの「学び」について

今回のテーマは、孫たちと生活することでの「学び」についてです。

 数週間前までは妻と二人きりの生活がズーっと続いていたところに!孫たちがやってきました。生活が一変!これが続くのかと思うと……どうしていいかわかりません!が正直な気持ち。

 今までの日常が突然と無くなってしまった。自分の居場所が無い。鬼ごっこして走り回っているかと思えば、急に兄弟げんかと、とにかく孫たちの声と動き回っている姿しか目に入ってこない。うるさいだけ。(元気で良かったと思えない自分がいる)。

私はストレスが溜まり、イライラしてつい言葉が乱暴になり怒っている。想像もつかないことが次から次へと起こる毎日!なんと、先週の日曜日にはコンセント抜いていたストーブがついていた!?これには驚いた。怒る前に、孫たちの火傷が心配でストーブの前で汗をかきながら見張り番……

 叱ってもわかる年齢になっている孫は、一度話すとだいたいは理解してくれる。けれど、叱ってもまだわかる年齢になっていない孫を叱ってもこちらが疲れるだけということを学びました。

 孫を叱る判断基準!
「この行いは、本当に叱るべきことか」
ということを考える時間を持つこと。人に迷惑をかけることや、生死に関係する場合は考える時間は必要ないと思います。

中通校(Esumo)公式ページはコチラまで https://esumo.jp/